肌トラブルを予防する化粧水|真皮層のコラーゲンの生成を助ける働き

このエントリーをはてなブックマークに追加
美容

目立つけれど必要な穴

なぜ目立つようになるの

女性

毛穴は顔だけでも20万個あるそうで、大人になるにつれ皮脂の分泌が活発になって開いてきます。汗による体温調節や皮脂の分泌による肌の保護をしてくれます。脂性の方は皮脂の分泌が盛んなため毛穴が開きがちで、角栓が詰まることでニキビにかかり易くなります。乾燥肌の方は肌の乾燥を守るために皮脂の分泌が盛んになり、乾燥肌の方の特性として肌のたるみが出てきます。肌がたるむと毛穴が広がり楕円形のようになります。対策のためには化粧水を用いますが、毛穴が開くタイプによって化粧水を使い分けます。毛穴に黒ずみがある詰まり毛穴や、肌がテカル開き毛穴の場合、収れん化粧水を用います。収れんとは肌の引き締めと皮脂のコントロールをすることです。

収れんで穴を引き締める

収れん化粧水には肌の引き締めと皮脂分泌の抑制という効果があります。化粧水に含まれる収れん剤がもつ肌のタンパク質を縮める作用によって肌を引き締め、さらに化粧水によって皮膚の熱が奪われて温度が下がることによる一時的な引き締めの効果もあるのです。注意点は、乾燥気味になるので皮脂の分泌が活発な箇所にだけ使うことです。従って肌の弱い方は注意して使う必要があるので、パッチテストをしてからお使いになることを勧めます。アルコールが多めに含まれているので夏にお使いになる場合は清涼感があり、需要も高くなります。使う際の順番も重要です。洗顔された後に普通の化粧水をつけてから乳液をお使いだと思います。収れん化粧水はその後にコットンなどに湿らせてパッティングさせて使います。これを肌がひんやりするまで行います。